利用者がコンテンツ内に閉じ込められないことを確認する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

インタラクティブな操作をサポートする全てのウェブコンテンツ技術。

これは達成基準 2.1.2: キーボードトラップなし (十分な達成方法) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、マウス又はポインティングデバイスを用いてのみ抜け出すことができるコンテンツのサブセットに、キーボード利用者が閉じ込められてしまわないようにすることである。よくある事例としては、プラグインによってレンダリングされるコンテンツが挙げられる。プラグインはユーザエージェントであり、ユーザエージェントの親ウィンドウの中にコンテンツをレンダリングし、プラグインがフォーカスを持っている間に起きる利用者の動作全てに反応する。プラグインが親ウィンドウへフォーカスを戻すキーボードのメカニズムを提供しない場合、キーボードを使用しなければならない利用者は、プラグインのコンテンツの中に閉じ込められてしまうことがある。

この問題は、コンテンツのサブセットから抜け出す方法を提供する以下のメカニズムのうちの一つを使うことによって回避することができる。

コンテンツ制作者が、利用者がキーボードでサブコンテンツに入れてもデフォルトでのキーボード操作ではそのサブコンテンツから出ることができないウェブコンテンツ技術を使っている (すなわち、ウェブコンテンツ技術又はそのユーザエージェントの機能ではない) 場合、この達成方法を実装するためにはウェブコンテンツ制作者はそのような機能をコンテンツ内に構築するか、又はそのウェブコンテンツ技術を使わないか、どちらかにする。

訳注

WAIC では G21 に関するアクセシビリティ サポーテッド(AS)情報を提供している。

2014 年 6 月版のアクセシビリティ サポーテッド(AS)情報: G21 では、「要注意」と評価されている。WAIC はウェブ制作者にこの達成方法が一部の環境では動作しないことに注意を促すものである。

事例

検証

手順

  1. Tab キーでコンテンツ内を最初から最後まで移動する。
  2. キーボードフォーカスがどのコンテンツにも閉じ込められていない。
  3. キーボードフォーカスがコンテンツに閉じ込められてしまう場合、コンテンツから抜け出す方法を説明したヘルプ情報が利用可能であり、キーボード操作でアクセスできることを確認する。

期待される結果

  • 2.の結果が偽である。
訳注

「2. 又は 3. のいずれかの結果が真である」となるのが正しいと思われる。