非テキストコンテンツの一般に認められた名前 (name) 又は説明的な名前となる簡潔なテキストによる代替を提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは達成基準 1.1.1: 非テキストコンテンツ (十分な達成方法)に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、非テキストコンテンツが特定の感覚的体験を提供することを意図している場合においても、利用者が非テキストコンテンツを特定できるようにすることである。例えば、耳が聞こえない利用者は、たとえ聞くことができなくとも、音声ファイルがどのようなものか知りたいと思うだろう。同じように、全盲の利用者も、たとえ見ることができなくとも視覚的な画像の題材がどのようなものか知りたいと思うだろう。

事例

事例 1

  • モナリザの絵には「モナリザ。レオナルド ダ ビンチ作」という代替テキストがある。
  • 音声ファイルには「テルミンを演奏している 5 人の小学生」という代替テキストがある。
  • 有名なモダンアートの作品には「赤、青、及び黄色。ピエト モンドリアン作」という表題が付けられている。

検証

手順

  1. 簡潔なテキストによる代替が内容が分かる名前を提供しているかどうかを確認する。
  2. 簡潔なテキストによる代替がコンテンツ制作者又は他者によって以前に非テキストコンテンツに付けられている名前を提供していることを確認する。

期待される結果

  • 1. 又は 2. の結果が真である。