達成基準 1.4.13 の失敗例 - ホバーによって表示されるコンテンツがホバーできない

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

ポインタホバーによる追加コンテンツの表示をサポートするすべての技術。

この達成方法は、達成基準 1.4.13: ホバー又はフォーカスで表示されるコンテンツ (失敗) に関連する。

解説

この失敗例の目的は、ホバーによって表示される追加コンテンツの上にポインタを移動することが困難又は不可能であることに利用者が気づく状況を説明することである。画面拡大ソフトウェアの利用者にとって、その新しい追加コンテンツは、現在の拡大されたセクション内では完全には見えないことが多い。そのため、追加コンテンツを知覚するためには、これらの利用者が、このコンテンツが消えることなく、ポインタをトリガーから離して追加コンテンツの上に移動させることができ、それによってこの拡大されたセクションの位置を変更できることが重要である。

事例

検証

手順

ポインタホバーによって表示される追加コンテンツの各領域について:

  1. 追加コンテンツが消えることなく、新しいコンテンツの上にポインタを移動させることができる。
  2. 追加コンテンツの外観は、コンテンツ制作者ではなく、ユーザエージェントによって制御される。

期待される結果

  • 手順 #1 及び #2 が偽である場合、コンテンツは達成基準を満たさないことになる。