WCAG 2.0 解説書

本文へジャンプ

-

キャプション (収録済) :
達成基準 1.2.2 を理解する

1.2.2 キャプション (収録済) : 同期したメディアに含まれているすべての収録済音声コンテンツに対して、キャプションが提供されている。ただし、その同期したメディアがメディアによるテキストの代替であって、メディアによる代替であることが明確にラベル付けされている場合は除く。 (レベル A)

この達成基準の意図

この達成基準の意図は、ろう又は難聴の利用者が、同期したメディアによる提示を見られるようにすることである。キャプションは、音声トラックを通じて利用可能なコンテンツの一部を提供する。キャプションは、会話を含むだけでなく、誰が話しているのかも特定し、意味のある効果音を含む、音声によって伝えられている非音声情報も含む。

現在のところ、時間依存の素材に対してキャプションを作成することは困難であるかもしれないことが認められている。これは、キャプションが利用可能になるまで情報を延期する、又は少なくともキャプションが利用可能になるまでの期限で、ろう者にアクセシブルでない時間依存のコンテンツを公開するという選択に直面するコンテンツ制作者をもらたす可能性がある。時間とともに、配信プロセスにキャプション付けを組み込むツールだけでなく、キャプションを付けるためのツールも、そのような遅延を短縮する又は除去するだろう。

同期したメディア自体が、ウェブページ上でテキストによってすでに提示もされている情報の代替の提示であるとき、キャプションは必要ない。例えば、ページ上の情報が、テキストで既に提示されている情報よりも多くの情報を提示していないが、認知、言語、又は学習障害のある利用者が理解しやすい同期したメディアによる提示を伴う場合、キャプションを提供する必要はない。なぜなら、その情報は、既にテキスト又は (例えば、画像の) テキストによる代替によって、ページ上に提供されているからである。

達成基準1.2.4 キャプション (ライブ) を理解するも参照のこと。

達成基準 1.2.2 の具体的なメリット:

  • ろう又は難聴の利用者が、同期したメディアによるコンテンツにある音声情報を、キャプションを通じて入手できる。

達成基準 1.2.2 の事例

関連リソース

リソースは、情報提供のみを目的としており、推奨を意味するものではない。

キャプションの付け方ガイド

SMIL のリソース

キャプションの付け方のその他のリソース

キャプションを付けるためのツール

達成基準 1.2.2 の達成方法及び失敗例 - キャプション (収録済)

この節にある番号付きの各項目は、WCAG ワーキンググループがこの達成基準を満たすのに十分であると判断する達成方法、又は複数の達成方法の組み合わせを表している。しかしながら、必ずしもこれらの達成方法を用いる必要はない。その他の達成方法についての詳細は、WCAG 達成基準の達成方法を理解するの「その他の達成方法」を参照のこと。

1.2.2 でさらに対応が望まれる達成方法 (参考)

適合のために必須ではないが、コンテンツをよりアクセシブルにするために、次の追加の達成方法を検討することが望ましい。ただし、すべての状況において、すべての達成方法が使用可能、又は効果的であるとは限らない。

  • 映像のみのクリップに対して、「このクリップには音は使われていません」という注記を提供する (リンク追加予定)

  • 音声トラックのすべての言語のキャプションを提供するために SMIL 1.0 を使う (リンク追加予定)

  • 音声トラックのすべての言語のキャプションを提供するために SMIL 2.0 を使う (リンク追加予定)

重要な用語

キャプション (captions)

そのメディアのコンテンツを理解するのに必要な、会話及び会話でない音声情報に対する、同期した視覚、及び/又はテキストによる代替

注記 1: キャプションは会話のみの字幕と似ているが、会話の内容だけを伝えるのではなく、その番組の内容を理解するために必要な効果音、音楽、笑い声、話者の特定、位置などを含む、会話でない音声情報と同等の内容も伝える点が異なる。

注記 2: クローズドキャプションは、音声情報と同等の内容で、プレーヤーによっては表示/非表示を切り替えることができるものを指す。

注記 3: オープンキャプションは、非表示にできないキャプションである。例えば、キャプションが同等の視覚化された文字画像映像に埋め込まれている場合である。

注記 4: キャプションは、映像に含まれる情報を分かりにくくしたり遮ったりすべきではない。

注記 5: 国によっては、キャプションは "subtitle" と呼ばれている。

訳注: subtitleには、「字幕」の意がある。日本では、キャプションのことを一般に字幕と呼ぶことが多い。

注記 6: 音声解説にキャプションをつけることもできるが、つける必要はない。なぜなら、音声解説は既に視覚的に提示されている情報の説明だからである。

メディアによるテキストの代替 (media alternative for text)

テキストで (直接又はテキストによる代替によって) 既に提示されている情報以上のものを提示していないメディア。

注記: メディアによるテキストの代替は、テキストを代替する提示の恩恵を受ける人たちのために提供される。テキストの代替メディアになりうるのは、音声しか含まないメディア、映像しか含まない (手話の映像を含む) メディア、又は音声付映像メディアである。

収録済 (prerecorded)

ライブではない情報。

同期したメディア (synchronized media)

情報を提示するために、他のフォーマットと同期した音声もしくは映像、又は時間に依存するインタラクティブな構成要素と同期した音声又は映像。ただし、そのメディアが メディアによるテキストの代替であって、メディアによる代替であることが明確にラベル付けされているものは除く。

音声 (audio)

音の再生技術。

注記: 音声には、合成して作られたもの (音声合成を含む)、実世界の音を収録したもの、又はその両方が含まれる。