ウェブアクセシビリティ基盤委員会 > 新着情報 > アクセシビリティセミナー2014

アクセシビリティセミナー2014

本セミナーは終了しました。開催報告をご覧ください。

2014年10月7日から11日まで、幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2014で、10月8日(水)にアクセシビリティセミナー2014があります。

参加をご希望の方は、CEATEC JAPAN 2014のサイトよりお申し込みください。

Webアクセシビリティ - 海外の気になる動きと日本国内の最新動向

日付
10月8日(水)
時間
10:00~11:00
会場
国際会議場3階 301A会議室
スピーカー
株式会社インフォアクシア
代表取締役
植木 真(WAIC 委員長)

このセッションでは、日本国内における公的機関や企業のウェブサイトの取組状況、W3CのWAI-ARIAやWCAG EM、海外諸国で進むアクセシビリティの法律による義務化、日本の障害者差別解消法の動向など、日本国内と海外におけるWebアクセシビリティに関する気になる最新動向を、具体的な事例を交えながらご紹介します。

Webアクセシビリティの標準規格「JIS X 8341-3:2010」準拠のための試験方法(最新版)

日付
10月8日(水)
時間
11:30~12:30
会場
国際会議場3階 301A会議室
スピーカー
株式会社ミツエーリンクス
第二本部 第一部 部長
中村 精親(WAIC 作業部会3 副査)

2010年のJIS改正から4年、アクセシビリティ方針や試験結果を公開している企業、団体なども少しずつ増えてきました。しかしながら、中には残念なことにその内容が適切とはいえないものも増えてきています。そこで、本セッションでは良い実例、悪い実例の双方をとりあげながら、適切な方針や試験結果の公開方法について解説します。