ウェブアクセシビリティ基盤委員会 > 新着情報 > これから取り組むWebアクセシビリティ Vol.2 > 開催報告

これから取り組むWebアクセシビリティ Vol.2 開催報告

2017年2月15日、情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)会議室において、「これから取り組むWebアクセシビリティ Vol.2」を開催しました。

74名の方々よりお申し込みいただき、当日は57名の方々にご参加いただきました。誠にありがとうございました。

当日参加された皆様からいただいた全てのご質問への回答につきましては、追って後日掲載します。

なぜ企業はWebアクセシビリティに取り組むのか?

講師
作業部会1 委員 伊原 力也

講演中の伊原氏

最近の業界動向や海外事情、さらに公的規格である「JIS X 8341-3」にも触れながら、Webアクセシビリティの概略を紹介しました。

一般企業におけるWebアクセシビリティの進め方

講師
作業部会1 委員 増井 達⺒

講演中の増井氏

キホンのキであるアクセシビリティに関して、企業サイトが積極的とは言えない現状を踏まえ、消極的な社内を説得しWebアクセシビリティに取り組む、その第一歩を踏み出すためのヒントを紹介しました。

質疑応答

質疑応答中の会場。会場前方にあるスクリーンの左手に、左から植木 委員長と清家 副委員長が着席。またスクリーンの右手、左から諸熊 作業部会2 委員、増井 作業部会1 委員が着席。

アンケート集計結果

アンケート回答数:53

回答者個人を特定するおそれのある情報につきましては、割愛させていただきました。また、文意を変えない範囲で、漢字の使い方や句読点等、適宜編集のうえ掲載させていただきました。

参加者の属性

参加された立場 回答数(%)
企業のWeb担当者 21(40%)
Web制作者(制作会社・フリーランス等) 18(34%)
省庁のWeb担当者 0(0%)
自治体のWeb担当者 1(2%)
その他公的機関のWeb担当者 5(9%)
その他 6(11%)
無回答 2(4%)

なぜ企業はWebアクセシビリティに取り組むのか?

理解度

5段階評価で、5が「理解できた」、1は「難しかった」です。

理解度 5 4 3 2 1
回答数(%) 33(62%) 17(32%) 3(6%) 0(0%) 0(0%)

役立ち度

5段階評価で、5が「役に立った」、1は「役に立たなかった」です。

役立ち度 5 4 3 2 1
回答数(%) 27(51%) 19(36%) 6(11%) 1(2%) 0(0%)

お寄せいただいたコメント(一部)

  • 具体的にイメージできました。社内でフィードバックして活かしていきます!
  • スライドがボリューム満点だった。
  • 民間企業のWebアクセシビリティに対しての意識が、これからより強くなると良いと思いました。
  • マシンリーダブルということについて、より深く理解していきたいです。
  • 分かったつもりで分かっていなかったようです。理解できました。
  • Webアクセシビリティの基本を再確認できました。
  • とても分かりやすく、概要を復習できました。ただ初級向けでやや物足りなかったです。
  • 実例を交えた解説でとても参考になりました。
  • 企業担当者に向けて敷居を低くする目的もあってのことと思うが、アクセシビリティとユーザビリティについてはもう少し区別されても良かったと思われます。
  • 文字拡大ボタン実装=アクセシビリティ対応は誤解という話が聞けて良かった。公的機関Webサイト制作で、上長への説明に使わせていただきたいです。
  • とても分かりやすく聞きやすかったです。
  • 理解が深まりました。
  • アクセシビリティの必要性の見せ方、伝え方の参考になった。

一般企業におけるWebアクセシビリティの進め方

理解度

5段階評価で、5が「理解できた」、1は「難しかった」です。

理解度 5 4 3 2 1
回答数(%) 27(51%) 17(32%) 7(13%) 2(4%) 0(0%)

役立ち度

5段階評価で、5が「役に立った」、1は「役に立たなかった」です。

役立ち度 5 4 3 2 1
回答数(%) 26(49%) 12(23%) 12(23%) 3(6%) 0(0%)

お寄せいただいたコメント(一部)

  • 法律周りの歴史や、Canonでのお話が聞けて参考になりました!
  • 具体的な事例話で、かつ、社内へのガバナンス浸透に向けての提案活動をするうえでとても役立った。
  • キヤノンの取り組み方がとても参考になりました。
  • 具体的に方針を決め、一つでも施策を始めるのが要点と思いました。
  • クライアントに提案する際に参考にしたいことが多かった。
  • 企業の中で取り組みを立ち上げる部分で悩んでいたので、まさに実例をもって役に立つ情報でした。
  • 様々な立場や環境のことを考えながら対応を考えていくことが重要だということが分かった。考え方の参考になった。
  • 社会的な面からの必要性を分かりやすく、理解できました。キヤノンの事例をもう少し突っ込んで聞きたかった気持ちです。
  • 目が見えない方がカメラを使う動機の話、想像力のお話が参考になりました。
  • 実例で説明していただいたので、社内で進めるイメージがしやすかった。
  • キヤノン様の具体的な取り組みが分かり非常に実践的で良かったです。ためになりました。
  • Canonの全盲でも写真を撮る母の話は感動し、また自分自身が障害者の行動に対して、想定しきれないことに気づきました。
  • 合理的配慮や、ユニバーサルデザインなど事例やビジュアルを踏まえてご説明いただけるとありがたいです。

質疑応答

理解度

5段階評価で、5が「理解できた」、1は「難しかった」です。

理解度 5 4 3 2 1 無回答
回答数(%) 30(57%) 10(19%) 5(9%) 2(4%) 0(0%) 6(11%)

役立ち度

5段階評価で、5が「役に立った」、1は「役に立たなかった」です。

役立ち度 5 4 3 2 1 無回答
回答数(%) 34(64%) 10(19%) 3(6%) 0(0%) 0(0%) 6(11%)

お寄せいただいたコメント(一部)

  • 質問に回答していただけて、分からなかったことが分かりました。ありがとうございます。
  • もっと時間を取ってもらえると良かった。
  • 具体的なお話、当事者のお話が伺えて参考になりました。
  • 実際に障害を持たれている方のお話を伺えて、大変参考になりました。
  • 聞きたかったことへの回答頂けました。また他の事業者の方々が聞きたいことも覗けて良かったです。
  • 具体的な内容で面白かった。
  • 既存PDFについて、現実的な問題としてPDFは基本的にボリュームが多いことがほとんどでマシンリーダブルな代替手段を用意するには限度もあります(理想と現実……)。
  • 質問で出た具体的な良いUI悪いUIというのは、私も知ることができれば幸いです。

セミナーをお知りになったきっかけ

選択肢(複数選択可) 回答数(%)
WAICウェブサイト14(26%)
WAIC SNS(Twitter,Facebook)4(8%)
CIAJウェブサイト7(13%)
友人・知人から16(30%)
CSS Nite1(2%)
AccSell.net2(4%)
Web担当者forum7(13%)
その他5(9%)

今後セミナーで取り上げてほしいテーマ・内容

選択肢(複数選択可) 回答数(%)
Webアクセシビリティ取り組みの意義・動機付け7(13%)
JIS X 8341-3:2016解説18(34%)
取り組み事例の紹介30(57%)
国内外の動向15(28%)
実装方法32(60%)
試験方法・試験結果表示27(51%)
その他6(11%)

ご意見など

  • 初めて参加しましたが分かりやすかったです。
  • 大変気づきが得られました。ありがとうございました。
  • 大変勉強になりました。ありがとうございました。
  • JavaScriptに関する部分、DOMツリーに関する部分がよく分からないため、その話を聞きたい。
  • 全く知識がなく、Webだけでは分からない点、参考になりました。
  • 実装や試験などの具体的なお話を聞けるセミナーがあれば、また是非参加したいです。ありがとうございました。
  • またお願いします。すごく良かったです。
  • 事業会社もしくは制作会社での実事例や苦労話などお伺いしたい。
  • 今後も事例をたくさん伺いたいです。よろしくお願いします。
  • 今後とも関連セミナーの開催をよろしくお願いいたします。
  • 質疑コーナー、とても勉強になりました。2つも解説していただいて、大喜びです。でも、もっともっとお聞きしたいことがあるので、また参加させていただきたいです。
  • とても内容が濃く、ためになりました。次回も参加したいです。
  • Webアクセシビリティのセミナーや解説書が少ないため、今回のセミナーは非常に有意義でした。今後も是非開催していただきたいです。
  • もう少し具体例を掘り下げた内容が伺いたいです。
  • セミナー案内メールで、会場について、住所、ビル名で明記があった方が親切でした(会議室名だけでは会場にたどり着けない)。最寄り駅まで紹介あればAAAです。
  • 次回も期待してます。
  • 一般企業ですと、アクセシビリティのABテストで定量的に利益を説明できるのですが、公的機関、自治体のWeb制作の場合、数字での説明は難しいです。法の改正が進んでいることを知れて良かったです。
  • マークアップの具体的な方法、NGの例etc.を知りたい。
  • 本セミナーの力点が法人のウェブポータルに強く置かれていた。サービスプラットフォームとしてウェブあるいはウェブ技術を活用することが多くなってきており、その視点での見解を期待する。
  • 今後、インバウンド対策(Webの多言語対応など)が必須となってくるが、アクセシビリティ観点でどのようなアプローチをすべきかなどがあれば、そうしたテーマでセミナーを主催して頂きたい。