ウェブアクセシビリティ基盤委員会 > 新着情報 > 公的機関Web担当者のためのアクセシビリティセミナー > 開催報告

公的機関Web担当者のためのアクセシビリティセミナー 開催報告

2013年7〜8月、東京、名古屋、大阪において、公的機関Web担当者のためのアクセシビリティセミナーを開催しました。3都市で計181名の方々にご参加いただきました。

開催地ごとの申込者数、参加者数およびアンケート回答者数
開催地および開催日申込者数(名)参加者数(名)アンケート回答者数(名)
東京(7月23日) 128 93 87
名古屋(7月26日) 67 44 44
大阪(8月1日) 60 44 42
アンケート結果に基づく開催地ごとの参加者属性
属性東京名古屋大阪
省庁のWeb担当者 11(13%) 2(5%) 0(0%)
自治体のWeb担当者 27(31%) 27(61%) 27(64%)
その他公的機関のWeb担当者 8(9%) 1(2%) 1(2%)
企業のWeb担当者 11(13%) 1(2%) 0(0%)
Web制作者 24(28%) 12(27%) 13(31%)
その他 6(7%) 1(2%) 1(2%)

セッション1 講演「公的機関Webサイトに求められるJIS X 8341-3:2010対応」

セッション1では、委員長の植木が講演。なぜ公的機関のWebサイトにJIS X 8341-3:2010対応が求められているのか、そしてどのようにJIS X 8341-3:2010への対応に着手していくべきかを、ウェブアクセシビリティ方針策定ガイドラインJIS X 8341-3:2010 対応発注ガイドラインの紹介を交えながら解説しました。

セッション2 講演「JIS X 8341-3:2010準拠のための試験方法」

セッション2では、作業部会3 主査代行の中村が講演。団体により異なる状況に応じたWebサイトの試験方法について、JIS X 8341-3:2010 試験実施ガイドラインウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドラインの紹介を交えながら解説しました。

セッション3の質疑応答の内容のほか、アンケートを通じお寄せいただいたご意見・ご質問、会場の模様につきましては、会場ごとにご紹介します。