7.2.4.1 ブロックスキップに関する達成基準

ウェブコンテンツのアクセシビリティ達成等級
A

実装チェックリストの例一覧に戻る

この実装チェックリストは主にHTML 4.01、CSS2を使用することを前提とした例であり、実際に使用する技術やその使用方法に合わせて、変更して使用することが望まれる。なお、JIS X 8341-3:2010 の細分箇条8.2の表4の例では、すべての達成基準を一つの表として表現しているが、この例では達成基準ごとの表を採用している。統合して一つの表にしてもよいし、そのままの形式でもよい。

また、この例では実際に使用しない可能性のある技術も網羅的に記載しているため、「適用」という欄が設けてある。使用しない実装技術かどうかをこの欄で区別してもよいし、適用欄を使用せず、その実装技術を表から削除してもよい。また、「状況-番号-項目」「関連する実装テクニック」「検証方法」の欄は、この実装チェックリストを理解しやすくするために付け加えたものである。検証方法の欄に実装テクニックの番号だけが書いてある場合には、その実装テクニックの検証(Tests)手順(Procedure)を利用することを示している。



7.2.4.1の実装チェックリスト例
項番 実装方法 適合 適用 試験方法 注記 状況-番号-項目 関連する実装テクニック 検証方法
1 以下のいずれかを用いて、繰り返されるブロックをスキップ可能にする
1) 以下のいずれかを用いて、繰り返されるブロックをスキップするリンクを作成する
a) メインコンテンツへ直接移動するリンクを各ページの先頭に追加する
b) 繰り返しているコンテンツのブロックの開始位置に、そのブロックの終了位置へのリンクを追加する
c) ページの先頭に、コンテンツの各エリアへのリンクを追加する
2) 以下のいずれかを用いて、スキップ可能な方法で繰り返されるブロックをグループ化する
a) コンテンツの各セクションの開始位置に見出し要素を提供する
b) 構造を示す要素を用いて、リンクをグループ化する
c) frame要素を用いて繰り返しているブロックをグループ化し、frame要素にはtitle属性を付与する
d) 展開可能及び折り畳み可能なメニューを用いてコンテンツのブロックをバイパスする
        1 G1
G123
G124
H69
H50
H70
H64
SCR28
ブロックをスキップできることを支援技術で確認する。
また、リンクはG1, G123, G124の各要件を満たしているか確認する。

作成者:ウェブアクセシビリティ基盤委員会

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This document is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 2.1 日本 License.