WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G124: ページの先頭に、コンテンツの各エリアへのリンクを追加する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

リンク機能を提供するウェブコンテンツ技術すべて。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、コンテンツの異なるセクションへのリンクのリストを提供することによって、文書のブロックをバイパスするメカニズムを提供することである。このリストにある複数のリンクは、コンテンツの最初にある小さな目次のようなものであり、その中のリンクはコンテンツ内のさまざまなセクションへフォーカスを設定する。この達成方法は、ポータルサイトのような多くの独立したセクションがあるページに対して特に有効である。これはセクション内でのブロックをスキップする他の達成方法と組み合わせることもできる。

事例

事例 1

サイト内のウェブページはすべて、そのページのメインコンテンツ、検索フィールド、及びナビゲーションバーにナビゲートする3つのリンクで始まる。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

この目的のために提供されているリンク一式にある各リンクに対して:

  1. ウェブページの中でそのリンクより前にあるコントロールは、その一式にある他のリンクだけである。

  2. 各リンクの説明(リンクテキスト)がコンテンツ内のあるセクションへのリンクであることを説明している。

  3. そのリンクが常に表示されている、又はキーボード・フォーカスを受け取ったときに表示される。

  4. そのリンクを起動(実行)すると、コンテンツの目的のセクションへフォーカスを移動させる。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。