WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G19: どの 1 秒間においても、コンテンツに 3 回よりも多く閃光を放つコンポーネントがないことを確認する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

あらゆるウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、明るく、その面積が大きいと発作を起こすといわれている速度で閃光を放つことを防ぐことである。 面積を拡大して見ている利用者もいるので、この達成方法ではコンテンツのサイズの大きさに関係なく、1秒間に3回より少ない閃光しか 用いてはいけないとしている。

注記 1: この達成方法は、レベルAの達成基準より厳しくなっている。しかし、検証は簡単で、等級Aの達成基準を満たしていることの検証にも用いることができる。等級Aの達成基準に適合していない閾値の場合、1秒間に3.5回以上の閃光があるからである。多くのコンテンツには閃光を放つものはなく、点滅があるコンテンツでも一部稀な場合を除いてこれほど速く点滅しない。よって、達成基準で示されているより複雑な検証を実行しなくてもすむようにするために、この達成方法にあるようにコンテンツが1秒間に1、2回、あるいは最大でも3回までしか閃光を放たないようにしておくとよい。

注記 2: 3.5回の閃光について: もし、明暗が7回変化した場合、3.5回の閃光となり、これは許容される3回の閃光(6回変化)よりも多い。

3.5回の閃光又は7回の遷移の事例:

事例

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. どの1秒間においても3回よりも多い閃光がない。

  2. 3回の閃光がある場合、1秒間の最後の明/暗の状態が初めと同じである。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。