WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

G136: 適合していないウェブページの先頭に、適合している代替版へのリンクを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

本来のコンテンツはWCAGに適合していないが、WCAGに適合している代替版は存在している。この達成方法を用いることができるのは、ウェブコンテンツ技術が代替版へのアクセシブルなリンクを作ることを可能としている場合のみである。

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

解説

この達成方法の目的は、本来のコンテンツ又は利用者が特定のURIに訪れた時に遭遇するデフォルトのコンテンツがWCAGに適合していない場合、利用者がWCAGに適合している代替コンテンツにアクセスできるようにすることである。代替ページ又は適合している代替版は、適合するためにいくつかのデザイン又は機能的な譲歩を作る可能性があるが、適合している代替版にするためには定義において記された要件を満たさなければならない。「適合している代替版」の定義とは:

適合している代替版 (conforming alternate version)

以下の事項を満たす版のことを指す:

  1. 指定されたレベルで適合しており、かつ

  2. 同じ情報及び機能のすべてを同一の自然言語で提供しており、かつ

  3. 不適合コンテンツと同時に更新されていて、かつ

  4. 以下に挙げる事項のうち少なくとも一つを満たしていること:

    1. アクセシビリティ サポーテッドメカニズムを用いて、 不適合ページから適合版へ到達できる。もしくは、

    2. 不適合版に到達できるのは、適合版からのみである。

    3. 不適合版に到達できるのは、適合版に到達するメカニズムも提供している適合ページからのみである。

注記 1: この定義において、「到達できるのは……からのみ」とは、利用者が適合版から来ていない限り、不適合ページに「到達する」 (読み込む) のを防ぐ条件付きリダイレクトのような何らかのメカニズムがある、ということを意味する。

注記 2: 代替版は、元のページと一対一で対応している必要はない (例えば、適合している代替版は複数のページであってもよい)。

注記 3: 複数の言語版が利用できる場合、各言語版に対して、適合している代替版を提供する必要がある。

注記 4: 様々な技術環境、又は利用者層に対応するために、複数の代替版を提供してもよい。この場合、各版は可能なかぎり適合したものでなければならず、適合要件 1を満たすためには、そのうちの一つの版が完全に適合したものでなければならない。

注記 5: 不適合版と同じように自由に利用可能であるかぎり、適合している代替版は、適合宣言の範囲に含まれている必要はなく、同一のウェブサイト上で提供されている必要もない。

注記 6: 代替版は、元のページを補助して理解を高める補足コンテンツと混同されないようにすべきである。

注記 7: コンテンツ内で利用者が設定を行うことで適合版が作り出される仕組みは、その利用者の設定に用いられている手法がアクセシビリティ サポーテッドであるかぎり、代替版への到達メカニズムとして条件を満たしているといえる。

Understanding Conforming Alternate Versionsを参照。

この実装方法を使用している際、ページの最初に代替コンテンツへのWCAGに適合したリンクを配置することで、利用者がそのリンクをすぐに見つけることができ、適合している代替版に移動することができるようになる。利用者がどこからそのサイトに入ったかに関係なく、利用者が常に代替版を見つけることができるようにするためには、特定のレベルで適合していないページには適合している代替版へのリンクを含めることである。

事例

検証

チェックポイント

  1. 宣言した適合レベルでWCAGに適合していないページを特定する。

  2. そのページには、適合している代替版へのリンクがある。

  3. 代替版が、オリジナルページの適合している代替版であり、かつ要求された適合レベルでWCAG2.0に適合している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。