WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

F63: 達成基準 2.4.4 の失敗例 - リンクと関係のないコンテンツにおいてのみ、リンクの文脈を提供している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

全てのウェブコンテンツ技術

これは、次の達成基準に関連する失敗例である:

解説

この文書は、リンクの目的を理解するために必要な文脈が、プログラムで解釈可能なリンクの文脈ではないコンテンツの中に置かれているという失敗例について解説する。リンクの文脈が次のいずれかの方法で提供されていない場合:

利用者はリンクがどこにあるのかを簡単に知ることができない。文脈を探るために利用者がリンクの場所を離れなければならないなら、その文脈はプログラムで解釈可能なリンクの文脈ではなく、この失敗例に該当する。

事例

失敗例 1: 隣接する段落のリンク

あるニュースサービスでは記事の冒頭のいくつかの文を一つの段落に入れている。その次の段落には「続きを読む...」というリンクが置かれている。そのリンクは導入文と同じ段落にないので、利用者はそのリンクが何についての続きを読むのかを容易に見つけることができない。


<p>ある英国のビジネスマンが200万マイルの
マイレージを獲得していて、世界初の消費者向け
宇宙旅行の旅に出ようと計画している。</p>

<p><a href="ff.html">続きを読む...</a></p>

失敗例 2: レイアウトテーブル内の隣接セルのリンク

あるオーディオサイトではプレーヤーがダウンロードできるリンクを提供している。何がダウンロードされるのかについての情報はレイアウトテーブル内の前の行に置かれており、これはプログラムで解釈可能なリンクの文脈ではない。


   <table>
   <tr> 
       <td>ブラウザで音楽を聴く</td>
   </tr>
   <tr>
       <td>
       <a href="http://www.example.com/download.htm">
       <img src="download.jpg" width="165" height="32" alt="今すぐダウンロード"></a>
       </td>
   </tr>
 </table>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

リンクの目的を理解するために、追加が必要なリンクの文脈を探す。各リンクについて:

  1. 文脈が同じ文章、段落、リスト項目、テーブルのセル、関連するテーブルのヘッダー、または前の見出しに含まれているかどうかを確認する。

  2. たとえば、リンク上で aria-labelaria-labelledbyaria-describedby などの WAI-ARIA プロパティを使用して、十分な文脈を提供するなど、リンクの文脈をプログラムで決定できるかどうかを確認する。

判定基準