要素には重複した属性がないようにする

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全ての HTML ページ

これは達成基準 4.1.1: 構文解析 (H74: 開始タグ及び終了タグを仕様に準じて使用していることを確認する 及び H93: ウェブページの id 属性値が一意的 (ユニーク) であるようにする と併せて、書かれていない達成方法を満たす慣習的な達成方法) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、同一の要素に重複した属性があることによって、支援技術がコンテンツを解析しようとする際に問題が生じるエラーを回避することである。このエラーは、人的に確認することができるほか、HTML のバージョンを特定するメカニズムを用いて HTML 文書をバリデートすることによって確認することが可能である。コンテンツ制作者が利用できるバリデータがいくつかあり、この種のエラーはバリデーションの結果レポートで言及される。このようなバリデーションに文書型宣言は絶対に必要というわけではないが、文書型宣言を明記することによってバリデータをより容易に使用できるようになる。

事例

例 1: HTML バリデータ

HTML のウェブページに文書型宣言 (!DOCTYPE 宣言ともよばれる) がある。コンテンツ制作者は、オフラインまたはオンラインのバリデータ (下記の参考リソースを参照) を用いて、あるウェブページで同一の id 属性値が一度だけしか用いられていないことを確認することができる。例えば、W3C のバリデータは、ある要素で同じ属性が 2 回使われているのを発見すると、「"X" 属性が重複している」というふうにレポートする。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

その他の参考リソースは、G134: ウェブページをバリデートするを参照のこと。

検証

手順

  1. 同一の要素で 2 回以上使われている属性がないことを確認する。

期待される結果

  • #1 の結果が真である。