ライブの音声のみのコンテンツに対して、テキストベースの代替コンテンツを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

ライブの音声しか含まない情報を提示する全てのウェブコンテンツ技術

これは達成基準 1.2.9: 音声のみ (ライブ) (十分な達成方法)に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、耳の聞こえない利用者がリアルタイムの音声の放送にアクセスできるようにすることである。間違いを修正する、聞きなおす、又は言葉が正しく再現できているかを誰かに確認する時間がほとんどないため、正確なリアルタイムの代替物を制作することは困難である。また、音声の放送が非常に速く流れている場合は、情報を簡略化したり、言い換えたりすることも困難である。

リアルタイムのタイピングによるテキスト入力技術には、速記及び高速タイピングがある。復唱して音声認識入力する方法 (話を聞き取って、注意深く復唱し、復唱する話者の音声認識トレーニングをしたコンピュータで入力する) は、現在では電話リレーサービスに使用されており、将来的にはキャプション制作に使用されるかもしれない。いずれは修正機能付きの音声認識入力も可能になるだろう。

事例

検証

手順

  1. テキストによる代替がリアルタイムで配信されるように手順及びポリシーが整っていることを確認する。
  2. テキストによる代替が表示されるかどうかをランダムサンプルによって、手順及びポリシーが機能していることを確認する。

期待される結果

  • 1. 及び 2. の結果が真である。