関連するウェブページへナビゲートするリンクを提供する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

リンクを含む全てのウェブコンテンツ技術

これは達成基準 2.4.5: 複数の手段 (書かれていない達成方法を満たす慣習的な達成方法) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、関連するウェブページへのリンクを提供することによって利用者が追加情報の場所を特定できるようにすることである。それは、達成基準 2.4.5 に対処する十分なコンテンツを配置するための一連の達成方法の一つである。リンクは、World Wide Web の基本的な構成要素であり、ウェブを相互接続されたウェブコンテンツにするメカニズムである。大半のコンテンツ制作者は、ウェブページを制作する場合に無意識にこの技術を用いている。

事例

事例 1

ウェブコンテンツアクセシビリティガイドライン 2.0 は、ガイドラインと達成基準の中で使われる用語を定義したドキュメントへのリンク、異なる達成基準をどのように満たすかを説明したドキュメントへのリンク、そのセクションの異なるサブセクションへのリンクを含む各セクションの目次、及び Comparison of WCAG 1.0 checkpoints to WCAG 2.0 へのリンクを含んでいる。利用者がこのドキュメントを拾い読みするときは、これらのリンクをたどって関連情報を探すことができる。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

ウェブページ内の各リンクに対して:

  1. そのリンクが関連する情報へのリンクへつながっているかどうかを確認する。

期待される結果

  • 1.の結果が真である。