名前 (name) 及び役割 (role) を公開し、利用者が設定可能なプロパティを直接設定可能にして、変化の通知を提供するために、マークアップを用いる

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

名前 (name) 及び役割 (role) を明示すること、利用者が設定可能なプロパティを直接設定可能にすること、及び変化を通知することが可能なマークアップウェブコンテンツ技術

これは達成基準 4.1.2: 名前 (name) ・役割 (role) 及び値 (value) (より具体的な手法を用いる十分な達成方法) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、支援技術がウェブコンテンツを理解できるようにすることで、代替のユーザインタフェースを通して利用者に等価の情報を伝えることができ、また支援技術を通してコントロールを操作することができるようにすることである。

この達成方法は、これらのプロパティを支援技術に公開するために、標準で、文書化され、かつサポート された機能を使用することを前提にしている。それは標準的なブラウザにおいてこれら標準的なコントロールは仕様を満たしているという事実に依存している。

HTML に対してはこれらの仮定が当てはまる。他のウェブコンテンツ技術に対しても当てはまるかもしれない。

構成要素がアクセシビリティをサポートしている時でさえ、コンテンツ制作者によって提供される情報は必要不可欠である。 例えば、コントロールは名前 (name) を提供する能力を持ってもよいが、コンテンツ制作者はそれでも名前 (name) を提供する必要がある。しかし、それは固定の役割 (role) のある標準的なコンポーネントであるため、役割 (role) の属性はすでに提供されているかもしれない。

事例

事例 1

HTML 又は XHTML で書かれたウェブページは標準的なフォームコントロールを使用し、title 属性を使用してフォームコントロールを特定している。ユーザエージェントは、名前 (name) を含むこれらコントロールに関する情報を、DOM を通じて、及びプラットフォーム特有のアクセシビリティ API を通して支援技術が利用可能にする。

検証

手順

  1. マークアップを視覚的に確認する、又はツールを使用する。
  2. それぞれのユーザインタフェースコンポーネントに対して、名前 (name) 及び役割 (role) を判断できるように適切なマークアップが使用されていることを確認する。
  3. 利用者の入力を受け取るユーザインタフェースコンポーネントが全て支援技術から操作できるように適切なマークアップが使用されていることを確認する。

期待される結果

  • 各ユーザインタフェースコンポーネントにおいて、2. と 3. の両方の結果が真である。