コンテキストの変化に対するトリガーとして、"focus" ではなく、"activate" を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

全てのウェブコンテンツ技術に適用する。

これは達成基準 3.2.1: フォーカス時 (十分な達成方法) に関する達成方法である。

解説

この達成方法の目的は、利用者が予測できるように、機能を実行する方法を提供することである。認知障害の利用者及びスクリーンリーダー又は画面拡大ソフトを使用している人は、フォームが自動的に送信されたり、コンテキストの変化を引き起こす機能が実行されたりするなどの、予期しないイベントによって混乱することがある。

この達成方法により、全てのコンテキストの変化は利用者の特定の動作によってのみ引き起こされる。さらに、その動作は、リンクをクリックしたり送信ボタンを押したりするような、通常コンテキストの変化を引き起こすものである。単にフォーカスをある要素に移すだけの動作は、コンテキストの変化を引き起こすものではない。

事例

事例 1

  • ページが新しいウィンドウをポップアップ表示するのは、利用者がフォーカスを移動させたときではなく、ボタンをクリックした (又はスペースキーを使った) ときのみとする。
  • 利用者が完了ボタンにタブで移動したときに自動的に次の画面を表示するのではなく、送信ボタンを使用したときに次のデータ入力画面に移動するようにする。

検証

手順

  1. キーボードを利用して、全てのコンテンツへフォーカスを移動する。
  2. どの構成要素がフォーカスを受け取ったときにも、コンテキストの変化が発生しないことを確認する。

期待される結果

  • 2.の結果が真である。