単純なポインタによる代替なしに、軌跡ベースのジェスチャによる機能を提供している

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法 (参考) の使用法及び、それらが WCAG 2.1 達成基準 (規定) とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用 (対象) セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.1 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用 (対象)

ポインタを使用してトリガーすることができるインタラクティブなコントロールを含むすべての技術。

これは達成基準2.5.1: ポインタのジェスチャ (失敗例) に関する達成方法である。

解説

この失敗例の目的は、軌跡ベースのジェスチャで操作される機能をコンテンツ制作者が実装し、かつ、単純なポインタのジェスチャでこの機能を操作する代替手段が存在しない状況を記述することである。

コンテンツ及び機能を作成しなかった場合、軌跡ベースのジェスチャは、タッチスクリーン上でコンテンツを探索したり、又はページのコードをチェックして touchstart や touchend のような特定のイベントハンドラが存在するかどうかを確認することで、見つけることができる。軌跡ベースのジェスチャの詳細については、ポインタのジェスチャの解説書を参照のこと。

注記: 軌跡ベースのジェスチャで実装された機能については、キーボードでも操作可能であることは有益である(達成基準 2.1.1 キーボード を満たすのに役立つかもしれない)。しかし、達成基準 2.5.1 のポイントは、多くのデバイスでキーボードを使用できないポインタの利用者が、単純なポインタによる入力で機能を操作できる代替手段を確保できるようにすることにある。

事例

例 1

  • あるウェブアプリケーションは、画面上に「Z」を描くことで最後のアクションを元に戻すインタフェースを実装している。アクションを元に戻す方法は他にはない。
  • スワイプして開くコントロールは、アイテムを左にスワイプしたときに一連のオプションを表示し、アイテムを右にスワイプしたときに別のオプションを表示する。これらのオプションのうち一つ以上は、アイテムが最初にシングルタップ又はクリックで開かれた後では利用できない。

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

手順

軌跡ベースのジェスチャで動作させることができる機能を実装したコンテンツの各部分について:

  1. 単純なタップ又はクリックで同じ機能を実行できるコントロールが利用できることを確認する。

期待される結果

  • 手順 #1 が偽である場合、コンテンツは達成基準を満たさないことになる。