Flashの達成方法のためのユーザーエージェントサポートノート

このページは、Flashの達成方法のためのユーザーエージェントサポートノートを記載する。

-

Flash テクノロジーノート

Adobe Flash Player は、クロスプラットフォームなブラウザのプラグインである。Flash Player によって表示されるコンテンツの制作者は、映像サポート、オーサリングの好み、ベクターベースのグラフィック能力などの様々な要因から Flash Player を用いてコンテンツを提供したり、Flashの標準コンポーネントを利活用したりすることを選択する。 コンテンツ制作者がFlashを用いるそういった動機が何であれ、他のウェブコンテンツ技術を用いたウェブコンテンツと同様に、Flash Player で提供されるコンテンツが WCAG 2.0 のアクセシビリティ基準を満たすようにすることは重要である。

Flash のユーザーエージェントによるサポート

Flash Player は、アクセシビリティのビルトインでのサポートと、コンテンツ制作者およびオーサリングツールがコンテンツをアクセシブルにするために利活用できる性能とのコンビネーションを提供している。 Flash コンテンツ制作者は、アクセシブルな Flash コンテンツを制作するためには次のどのツールを用いてもよい(ただし、必ずしもこれらに限定されない)。

全盲の利用者、ロービジョンの利用者およびその他の支援技術利用者向けに、Flash Player は2001年に Flash Player 6 でアクセシビリティAPIのサポートを実現した。 Flashのアクセシビリティに関する支援技術サポートは、Flash コンテンツに関する情報を支援技術に正しく伝えるという点においては、MSAA(Microsoft Active Accessibility)インタフェースと Flash Player 特有のインタフェースに依存している。 支援技術のサポートは、次の組み合わせによる閲覧環境の利用者に対して提供されている:

支援技術によるMSAAのサポートは、次のような支援技術製品で提供されている(ただし、必ずしもこれらに限定されない)。

Flash によるアクセシビリティのサポート

Flash Player は、マウスを使用することのできない利用者向けにキーボード操作もサポートしている。キーボード操作のサポートに関しては、Internet Explorer で用いられている Flash Player の ActiveX 版が最も高いレベルだが、Mozilla Firefox でのサポートを提供するための達成方法もこの文書で提供されている。 「WCAG 2.0 達成方法集」で紹介されているように、Flash コンテンツ制作者はパブリッシュしたコンテンツ内でのタブ順序を制御することができる。

Flash player は、映像を表示するのに用いられることが多く、あらゆる言語のクローズド・キャプションやサブタイトルを提供することのできるテキストトラックがある。 また、音声ガイドを提供できるように複数の音声トラックも用意されている。さらに、視聴覚コンテンツに手話通訳の提供を可能にする映像トラックも複数ある。

現時点では、Flash Player はWindows OSによるハイコントラスト・モードやテキストのサイズ変更をサポートしていない。しかし、Flashコンテンツ制作者は、Flashによるカスケーディング・スタイルシート(CSS)のサポート、その他の標準搭載スタイルのサポート、 あるいはFlashの画面フィルタ機能を利用することによって、Flashベースのインタフェースを大きめのテキストで閲覧可能な代替ビュー、代替フォント、あるいは代替ハイコントラスト・カラースキームなどを提供することが可能である。

支援技術向けのFlashによるアクセシビリティのサポートは、Windows OS上で、Internet Explorer 6以降(Flash Player 6 以降)または Mozilla Firefox 3 以降(Flash Player 9以降)を使用した場合に限られている。

Flash Playerに関する詳細な情報は、Adobeサイトで提供されている Flash Player FAQ (英語)を参照のこと。

WCAG 2.0 適合に向けた特記事項

FLASH1: 非テキストオブジェクトに名前プロパティを設定する

ユーザーエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、Flash のユーザエージェントによるサポート を参照のこと。

FLASH2: Flash 内の非テキストオブジェクトに説明プロパティを設定する

FLASH3: 支援技術が無視できるように Flash のオブジェクトにマークを付ける

FLASH4: Flash で送信ボタンを提供する

FLASH5: リンク先が同じで隣接している画像とテキストのボタンを結合する

FLASH6: 非表示のボタンを使用してアクセシブルなホットスポットを作成する

FLASH7: コントロールのラベルを変更するために、スクリプトを使用する

FLASH8: フォーム・コントロールのアクセシブルな名前にグループ名を追加する

FLASH9: 収録済みの同期したメディアにキャプションを提供する

FLASH10: Flash でフォーム・コントロールが必須項目であることを示す

FLASH11: オブジェクトについて長いテキストの説明を提供する

FLASH12: クライアントサイドのバリデーションを提供し、エラーメッセージのテキストをアクセシブルな「説明」によって追加する

FLASH13: Flash コンテンツの言語を指定するために、HTML の lang 属性を使用する

JAWS 8.0 以降は、言語属性に基づいて自動的に言語を変更するように設定することができる。ただし自動的に切り替えることができるのは、プライマリコードで指定される主要言語のみである。 言語のサブコードによって地域的に変異した言語が指定されている場合、JAWS は設定されているデフォルトの主要言語を使用する。

FLASH14: Flash でキーボード及びマウスのイベントハンドラを両方とも使用する

FLASH15: Flash 内の論理的な読み上げ順序及びタブ順序を指定するために、tabIndex プロパティを使用する

FLASH16: 標準コンポーネントに対するクリックイベントを使用して、アクションをキーボードによって操作可能にする

FLASH17: Flash オブジェクトをキーボードで操作可能にして、キーボードトラップを回避する

この実装方法が対象としている問題は、Internet Explorer 以外のブラウザのみで発生する。ただし、現時点では、この実装方法で対処できるのは、WindowsとOSX上のFirefox、OSX上のGoogle ChromeとSafari 5である。 ChromeとSafariのWindows版は、今のところプラグインの中へフォーカスを移動させたり、プラグインから外へフォーカスを移動させたりすることができない。また、この実装方法が動作するためには JavaScript を有効にする必要がある。

FLASH18: Flash で自動的に再生される音声をオフにするコントロールを提供する

FLASH19: 利用者に制限時間が間もなく終了することを警告して、制限時間を延長する方法を提示するスクリプトを提供する

FLASH20: フォーカス表示を視覚的により認識しやすくするために Flash コンポーネントのスキンを切り替える

FLASH21: 列見出しとデータセルを関連付けるために、DataGrid コンポーネントを使用する

FLASH22: キーボードで操作可能なアクションを静的エレメントに追加する

FLASH23: データグリッドに要約を追加する

FLASH24: 利用者がデフォルトの制限時間を延長できるようにする

FLASH25: アクセシブルな名前を設定することによって、フォーム・コントロールにラベルを付ける

FLASH26: Flash ビデオに音声解説を提供する

FLASH27: ボタンの目的を説明するラベルを提供する

FLASH28: Flash で ASCII アート、顔文字、リート語の代替テキストを提供する

FLASH29: フォーム・コンポーネントに label プロパティを設定する

FLASH30: 画像ボタンにアクセシブルな名前を指定する

FLASH31: データグリッドの表題を指定する

FLASH32: フォーム・コントロールにテキストラベルを関連付けるために、自動ラベル機能を使用する

FLASH33: Flash オブジェクトのサイズに相対値を使用する

FLASH34: スクリーンリーダー検出機能を使用して、自動的に再生される音声をオフにする

FLASH35: Flash コンテンツをスクロールさせて、それを停止させるメカニズムを提供するために、スクリプトを使用する

FLASH36: 点滅を制御し、5 秒以内に点滅を停止させるために、スクリプトを使用する