ARIA の達成方法のためのユーザエージェントサポートノート

このページは、ARIA の達成方法のためのユーザエージェントサポートノートを記載する。

-

WAI-ARIA テクノロジーノート

WAI-ARIA は、アクセシビリティを向上させるために、ウェブページやリッチインターネットウィジェットに次のセマンティック情報を追加するオプションをウェブ開発者に提供する。その結果、そのセマンティック情報はブラウザに公開される。

これらの機能と DOM 構造によって伝えられる構造情報の組み合わせは、著者が支援技術に相互運用可能な解決策を作り出すことを可能にする。(出典: WAI-ARIA Overview)

WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポート

WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポートは変化するが、全般的な WAI-ARIA のサポートは改善している。WAI-ARIA をサポートするブラウザは、プラットフォームアクセシビリティ API に WAI-ARIA ロール及びプロパティを対応づける。

WAI-ARIA に対するアクセシビリティサポート

アクセシビリティ サポーテッドな方法で技術を使用することは、適合性要求のために必要である。詳細は アクセシビリティサポートについてを参照のこと。 WCAG ワーキンググループは、Accessible Rich Internet Application 仕様が W3C 勧告の状態に到達する際に、WAI-ARIA 達成方法が十分であるかどうかの見直しをする予定である。 WAI-ARIA のステータスに関する最新情報については、WAI-ARIA Overviewを参照のこと。

ARIA1: ユーザインターフェース コントロールに対する説明ラベルを提供するために、aria-describedby プロパティを使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

IE 8 は一つの ID の値についてのみ aria-labelledby をサポートし、また、aria-describedby を部分的にサポートする。

ARIA2: aria-requiredプロパティによって必須項目を特定する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA4: ユーザインターフェース コンポーネントの役割 (role) を明らかにするために、WAI-ARIA ロールを使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA5: ユーザインターフェース コンポーネントの状態 (state) を明らかにするために、WAI-ARIA ステート及びプロパティ属性を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA6: オブジェクトのラベルを提供するために aria-label を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA7: リンクの目的を示すために aria-labelledby を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

2012年10月現在のスクリーンリーダーテスト

例 1 の全てのテスト結果を参照する (英語)

例 2 の全てのテスト結果を参照する (英語)

David は 2013 年 8 月 25 日にテストした...例 2 と 3 はまだ十分にサポートされていない。

ARIA8: リンクの目的を示すために aria-label を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA9: 複数の語句をつなげて一つのラベルにするために、aria-labelledby を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

注記: IE をサポートするためには、aria-labelledby 要素で参照された非インタラクティブ要素に対して、属性 tabindex="-1" を付与する必要がある。詳細については、Using WAI-ARIA in HTML(英語) を参照のこと。

ARIA10: 非テキストコンテンツに対して代替テキストを提供するために、aria-labelledby を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

2014 年 3 月現在、aria-labelledby に比べて、alt 属性の使用がより幅広くアクセシビリティ サポート (訳注: 原文においてリンク切れ)されている。alt 属性の使用がベストプラクティスであり、強く推奨される。特に、alt 属性をテキストによる代替の提供に使用できる要素については、制作者は H37: img 要素の alt 属性を使用するの代わりにこの達成方法に依存する前に aria-labelledby のアクセシビリティサポートを確認しなければならない。

ARIA11: ページの領域を特定するために ARIA ランドマークを使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA12: 見出しを特定するために role=heading を使用する

ユーザーエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、 WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA13: 領域とランドマークに名前 (name) を付けるために、aria-labelledby を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIA に対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA14: 可視ラベルが使用できない場合に不可視ラベルを提供するために、aria-label を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

スクリーンリーダーのサポートは、ブラウザによって変化する:

詳細なテストの結果は以下の通り:

ARIA15: 画像の説明を提供するために aria-describedby を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

2013 年 7 月 16 日更新

(訳注: 疑問符 "?" 等の記載は原文のまま。)

ARIA16: ユーザインターフェース コントロールの名前 (name) を提供するために、aria-labelledby を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

(訳注: 疑問符 "?" 等の記載は原文のまま。)

ARIA17: 関連するフォームコントロールを特定するために、グループ化するロールを使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

この達成方法は、以下との組み合わせで動作する:

ARIA18: エラーを特定するために aria-alertdialog を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

ARIA19: エラーを特定するために、ARIA role=alert 又はライブ領域 (Live Regions) を使用する

ユーザエージェントによるサポートに関する全般的な情報は、WAI-ARIAに対するユーザエージェントのサポートを参照のこと。

この達成方法をサポートする:

この達成方法をサポートしない:

サポートに関する注記:

Internet Explorer バージョン 7 から 11 は、role="alert" を用いた場合は、この達成方法に記載されている通知をサポートしない。しかし、例 1 に記載されている aria-live="assertive" は正しく機能する。

Firefox を JAWS もしくは NVDA と用いた場合、 role=alert は "Alert" と通知され、aria-live=assertive は追加のテキストを含めない。NVDA 2013.1 + IE 8 はサポートなし。幅広いユーザーエージェント (UA)/ 支援技術 (AT) のサポートのために role=alert と aria-live=assertive の双方を用いている3個目の例は、列挙された全ての組み合わせで動作している。

alert や assertive のライブ領域をページ上に表示するには様々な方法があり、どの様にエラーコンテナを作成するか、もしくはエラーメッセージを挿入するかによって、IE 8 + JAWS 14 や VoiceOver + Safari のような難しいブラウザとスクリーンリーダーの組み合わせで動作するかどうかが決まる。