ウェブアクセシビリティ基盤委員会 > Q&A > 試験

試験についてのQ&A

  • JIS X 8341-3の規格を満たしているかどうかの試験は、どこかの機関で実施しているのでしょうか?

    試験は、基本的にはサイト運営者が実施することになります。試験を実施するにあたっては、コンサルティング会社や制作会社等の他者に依頼してもかまいません。例えば、自治体のホームページであれば、自治体職員の方が試験を実施してもよいですし、外部に委託することも可能です。

    WAICが公開しているJIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドラインもご参照ください。

  • JIS X 8341-3の試験を実施できるコンサルティング会社や制作会社を紹介してもらえないでしょうか?
    WAICでは特定の企業等はご紹介いたしかねます。ご了承ください。
  • 試験を実施した結果、問題がなければ、JIS X 8341-3の規格を満たしていると宣言してよいでしょうか?

    JIS X 8341-3への適合の表明や対応度の表記方法については、WAICが公開している「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン」を参考にしてください。

  • 動画コンテンツ(収録済の映像および音声)を埋め込んだページがあります。適合レベルAに準拠するには、達成基準1.2.2に基づきキャプションを提供しなければなりませんが、運用(文字起こし等)にかかる費用を確保できず提供できていません。「動画コンテンツ部分のみJIS対応できていない」というような注意書きを掲載しても、当該のページが試験対象に含まれる場合、ページ全体としては適合レベルAを満たせないのでしょうか?

    JIS X 8341-3「5.1.2ウェブページ全体」において、

    適合(及び適合レベル)はウェブページ全体に対するものだけであり,ウェブページの一部が除外されている場合には適合にならない。

    と定められており、適合レベルAを満たせないことになります。

  • ウェブページ一式単位で試験を行なう際、対象ウェブページにPDFファイルを選定した場合、当該PDFファイルについてもHTMLファイルと同様に達成方法及び検証方法が特定できる資料を作成する必要がありますか?
    はい。JIS X 8341-3:2016の「附属書 JB (参考) 試験方法」に基づいて試験を実施する場合、達成方法及び検証方法が特定できる資料(例 使用している達成方法及びその検証方法一覧など)を作成する必要があります。
  • あるPDFファイルを試験対象とし、かつ当該PDFファイルへのリンクを設定したHTMLファイルも試験対象とした場合、一方の試験結果(実装チェックリスト)を他方の一部に含めることはできますか?
    PDFファイルとHTMLファイルとは、別個の「ウェブページ」です。従い、ページ単位の試験結果を混同することはできません。WCAG 2.0解説書「ウェブページ」を理解するもご覧ください。
  • ウェブアクセシビリティ方針において、対象範囲にPDFファイルを含めていなかった場合、試験対象にPDFファイルを選択することは不要ですか?
    対象範囲外のファイルを試験する必要はありません。ただし、方針において「別途、順次対応」などと記載された場合には、対応を進める時期や手順を定義し、それに沿って対応することが望まれます。
  • 試験対象のページをランダムに選択する際、規模が大きいサイトなどでは試験対象ページ数を増やす必要がありますか?

    一定の信頼度を得るために必要となる試験対象ページ数は、試験対象となるウェブページ一式の総数には大きく依存しません。WAICが公開している「JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン」に示されている目安を参考に試験対象ページ数を決定して下さい。

    例えば、ウェブページ一式の中に一定の比率で問題のあるページが存在すると仮定した場合、ウェブページ一式が1,000ページ、10,000ページ、100,000ページのいずれの場合でも、40ページ程度を対象に試験を行えば一定の信頼度を得ることができます。(問題のあるページを全て見逃してしまう確率はほぼ同じになります。)

  • 試験対象ページをランダムに選択する際に、合否判定に十分なページ数の目安として40ページ以上と示されていますが、どのような理由で選ばれた数字でしょうか?

    例えば、全体で10,000ページ、問題のあるページが5%存在するウェブページ一式の中から、試験対象ページをランダムに40ページ選択すると、約9割の確率で問題のあるページを発見することが出来ます(問題のあるページを全て見逃してしまう確率が約1割となります)。試験対象ページを増やせば増やすほど試験の精度も高くなりますが、試験のために必要となるコストも増加することになります。WAICが公開している「JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン」では、コストと精度のバランスを考慮して目安を示しています。

    (参考: EUで定められたUnified Web Evaluation Methodology(UWEM)1.2においては、エキスパートテストを行う場合の例として、ランダムに選択するページ数を最低30ページとし、試験対象ページが1,000ページ増えるごとにランダムに選択するページを2ページずつ追加していく方式が示されています。一方で、ランダムに選択するページは最大50ページまでとされています。「JIS X 8341-3:2016 試験実施ガイドライン」の目安である40ページは、UWEM 1.2の定める目安のちょうど中間に位置する値となっています。)

  • SNSなどの外部サービスが提供するウィジェットで、アクセシビリティ的に好ましくないものを埋め込んでいるウェブページがあったとき、そのウィジェットを除外して適合しているかどうか判断することはできますか?

    JIS X 8341-3:2016の「5.1.2 ウェブページ全体」にありますように、「適合」はウェブページ全体に対するものだけであり、ウェブページに埋め込まれた一部のコンテンツや機能を除外することは出来ません。しかし、サイト運営者や制作者が手を加えることのできないウィジェットを埋め込んでいる場合、「部分適合」という考え方を適用することができます。

    部分適合については、WCAG 2.0 解説書の第三者によるコンテンツに伴う部分的な適合宣言を参考にご覧ください。