ウェブアクセシビリティ基盤委員会 > 新着情報 > 2016年 > WCAG関連文書の翻訳に関する臨時作業部会の設置および委員の募集

新着情報

WCAG関連文書の翻訳に関する臨時作業部会の設置および委員の募集

2016年6月3日

ウェブアクセシビリティ基盤委員会では、臨時の作業部会を設置することになり、委員として活動に参加していただける方を広く募集しております。概要は以下の通りです。

概要

作業部会名

WCAG関連文書の翻訳に関する臨時作業部会(略称:翻訳WG)

目的

WAICが公開している「WCAG 2.0」関連文書の日本語訳を、W3Cが公開している原文(英語)の最新版にキャッチアップさせる。

活動内容

対象となる文書は次の2つ。

いずれも、WAICのWebサイトで現在公開している日本語訳と、W3Cが公開している最新版との差分を確認した上で、差分の日本語訳を行う。

作業方法

  • 日本語訳の作業は、参加メンバーで分担して、GitHubを用いて行う。
  • GitHubを利用できない場合でも、作業に参加することは可能。
  • 初回の会合を6/23(木曜日)14時~17時に開催して、作業手順の確認と分担(主査・副査の選任を含む)を決定する。
  • 会合にはSkypeを用いて遠隔からの参加も可能。
  • この作業部会専用のメーリングリストを開設予定。

なお、大変心苦しいのですが、この作業部会についても他の作業部会と同様に、委員手当などの支給はございません。予めご了承いただけましたら幸いです。

お問合せ・応募

Eメール:waic@ciaj.or.jp

委員として参加を希望される方は、まずは6/23(木曜日)14時~17時に開催する会合への参加をお願いできればと考えております。6/23のご都合が悪い方は、後日その内容を共有させていただきます。