7.3.2.3 一貫したナビゲーションに関する達成基準

ウェブコンテンツのアクセシビリティ達成等級
AA

実装チェックリストの例一覧に戻る

この実装チェックリストは主にHTML 4.01、CSS2を使用することを前提とした例であり、実際に使用する技術やその使用方法に合わせて、変更して使用することが望まれる。なお、JIS X 8341-3:2010 の細分箇条8.2の表4の例では、すべての達成基準を一つの表として表現しているが、この例では達成基準ごとの表を採用している。統合して一つの表にしてもよいし、そのままの形式でもよい。

また、この例では実際に使用しない可能性のある技術も網羅的に記載しているため、「適用」という欄が設けてある。使用しない実装技術かどうかをこの欄で区別してもよいし、適用欄を使用せず、その実装技術を表から削除してもよい。また、「状況-番号-項目」「関連する実装テクニック」「検証方法」の欄は、この実装チェックリストを理解しやすくするために付け加えたものである。検証方法の欄に実装テクニックの番号だけが書いてある場合には、その実装テクニックの検証(Tests)手順(Procedure)を利用することを示している。



7.3.2.3の実装チェックリスト例
項番 実装方法 適合 適用 試験方法 注記 状況-番号-項目 関連する実装テクニック 検証方法
1 繰り返されるコンポーネントが表示されるたびに、それを相対的に同じ順序で提示する         1 G61 ウェブページの集合(例えばウェブサイト)にて繰り返し利用されるコンポーネント(例えば、ロゴ、タイトル、検索フォーム、ナビゲーションバー、ナビゲーションメニュー等)が、相対的に同じ順序で表示されていることを以下の方法などを用いて確認する。
  • CMS等により、繰り返し利用されるコンポーネントが相対的に同じ順序で提示されるように管理されている
  • 各ページを作成する際にテンプレートを利用したり、Webページ製作・編集ツールの機能を用いることなどにより、繰り返し利用されるコンポーネントが相対的に同じ順序で提示されるように管理されている
  • CMS、テンプレート等で管理されていない場合は、試験実施ガイドライン2.3節のb)c)に示された選択方法などを用いて試験対象ページを選択し、該当ページ間で繰り返し利用されているコンポーネントが相対的に同じ順序で表示されている
以下を満たす場合は例外とする
1 利用者が繰り返されるコンポーネントの表示順序を変更した場合は除く         達成基準の例外事項   繰り返されるコンポーネントの表示順序を利用者が変更した結果、異なる順序で提示されていることを確認する。

注記

試験対象が1ページのみの場合でも、同じウェブページの集合に含まれる他のページと比較して確認する。


 

作成者:ウェブアクセシビリティ基盤委員会

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This document is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 2.1 日本 License.