7.1.2.3 収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準

ウェブコンテンツのアクセシビリティ達成等級
A

実装チェックリストの例一覧に戻る

この実装チェックリストは主にHTML 4.01、CSS2を使用することを前提とした例であり、実際に使用する技術やその使用方法に合わせて、変更して使用することが望まれる。なお、JIS X 8341-3:2010 の細分箇条8.2の表4の例では、すべての達成基準を一つの表として表現しているが、この例では達成基準ごとの表を採用している。統合して一つの表にしてもよいし、そのままの形式でもよい。

また、この例では実際に使用しない可能性のある技術も網羅的に記載しているため、「適用」という欄が設けてある。使用しない実装技術かどうかをこの欄で区別してもよいし、適用欄を使用せず、その実装技術を表から削除してもよい。また、「状況-番号-項目」「関連する実装テクニック」「検証方法」の欄は、この実装チェックリストを理解しやすくするために付け加えたものである。検証方法の欄に実装テクニックの番号だけが書いてある場合には、その実装テクニックの検証(Tests)手順(Procedure)を利用することを示している。



7.1.2.3の実装チェックリスト例
項番 実装方法 適合 適用 試験方法 注記 状況-番号-項目 関連する実装テクニック 検証方法
1-a 時間の経過に伴って変化するメディアの収録済みの映像コンテンツに代替コンテンツ又は音声ガイドを提供する         1, 2, 3, 4 G69
G58
H53
G78
G173
SM6
SM7
G8
SM1
SM2
G69を用いて、代替コンテンツまたは音声ガイドを確認する。
代替コンテンツが書き起こしテキストの場合、視覚的で聴覚的には伝えられない重要な情報が、音声などの情報とともに提供されていることを確認する。
音声ガイドまたは拡張した音声ガイドの場合、音声ガイドを含んだ利用者が選択可能な副音声トラック、または、音声ガイド付きのバージョンを提供していることを確認する。 また、音声ガイドで、視覚的で聴覚的には伝えられない重要な情報が伝えられていることを確認する。
1-b 時間の経過に伴って変化するメディアの収録済みの映像コンテンツがテキストの代替メディアである場合は、代替メディアであることを明確にラベル付けする         達成基準の例外事項   映像コンテンツを発見し、例外事項でないか確認する。

修正履歴

2012年11月1日
項番1-a[検証方法]: 「音声ガイドの場合、視覚的で聴覚的には伝えられない重要な情報が伝えられていることを確認する。」 を「音声ガイドまたは拡張した音声ガイドの場合、音声ガイドを含んだ利用者が選択可能な副音声トラック、または、音声ガイド付きのバージョンを提供していることを確認する。 また、音声ガイドで、視覚的で聴覚的には伝えられない重要な情報が伝えられていることを確認する。」と修正。
項番1-a[状況-番号-項目]: 「1, 2, 3」を「1, 2, 3, 4」に訂正。
項番1-b: 「達成基準の例外事項」の記載位置を[関連する実装テクニック]欄から[状況-番号-項目]欄に移動。


作成者:ウェブアクセシビリティ基盤委員会

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
This document is licensed under a Creative Commons 表示 - 継承 2.1 日本 License.