ウェブアクセシビリティ評価ツールの最低要求仕様 2012年11月版

本最低要求仕様の概要

本文書は、JIS X 8341-3:2010の達成基準に基づいたウェブアクセシビリティ評価のベースラインを揃えることを目的に、HTMLを解析し評価するツールの開発者に対して、実装すべき最低限の仕様を示すものである。

ウェブアクセシビリティ評価ツールの最低要求仕様

達成基準 要求仕様
7.1.1.1 非テキストコンテンツ 以下のコントロール要素に対応するlabel要素およびtitle属性が両方存在しない場合を抽出し、id属性とそれに対応するラベルをlabel要素でマークアップするか、またはtitle属性を追加するように指示する機能を有すること。
コントロール要素
  • textarea要素
  • select要素
  • input要素でtype属性がない
  • input要素でtype属性が"text"
  • input要素でtype属性が"checkbox"
  • input要素でtype属性が"radio"
  • input要素でtype属性が"file"
  • input要素でtype属性が"password"
以下のコントロール要素のうち、label要素によって関連付けられておらず、かつtitle属性の値が空、または、空白文字だけの場合を抽出し、title属性にコントロール要素の目的がわかる説明を記述するように指示する機能を有すること。
コントロール要素
  • textarea要素
  • select要素
  • input要素でtype属性がない
  • input要素でtype属性が"text"
  • input要素でtype属性が"checkbox"
  • input要素でtype属性が"radio"
  • input要素でtype属性が"file"
  • input要素でtype属性が"password"
img要素にalt属性が存在しない場合を抽出し、適切なalt属性をつけるように指示する機能を有すること。
img要素のalt属性値が空、または、空白文字だけの場合を抽出し、その画像を支援技術が無視しても情報が伝わるかどうかを確認するように指示する機能を有すること。
img要素のalt属性値とsrc属性値が同一の場合、alt属性値に画像の目的に沿った説明を記述するように指示する機能を有すること。
type属性が"image"であるinput要素のalt属性値がない場合を抽出し、alt属性をつけるように指示する機能を有すること。
type属性が"image"であるinput要素(画像ボタン)のalt属性値が空、または、空白文字だけの場合を抽出し、alt属性に画像ボタンの目的に沿った説明を記述するように指示する機能を有すること。
7.1.3.1 情報及び関係性 b要素を抽出し、強調を目的としている場合はstrong/em要素を使用するように指示する機能を有すること。
i要素を抽出し、強調を目的としている場合はstrong/em要素を使用するように指示する機能を有すること。
u要素を抽出し、代わりにCSSを用いて構造と表現を分離するように指示する機能を有すること。
s要素を抽出し、代わりにCSSを用いて構造と表現を分離するように指示する機能を有すること。
strike要素を抽出し、代わりにCSSを用いて構造と表現を分離するように指示する機能を有すること。
basefont要素を抽出し、代わりにCSSを用いて構造と表現を分離するように指示する機能を有すること。
center要素を抽出し、代わりにCSSを用いて構造と表現を分離するように指示する機能を有すること。
7.2.1.1 調整可能な制限時間 <meta http-equiv="refresh">によるページのリフレッシュまたはリダイレクトを使用している(タイムアウトに正を指定している)場合を抽出し、使用しないよう指示する機能を有すること。
7.2.2.2 一時停止、停止、非表示 marquee要素を抽出し、marquee要素を用いないように指示する機能を有すること。
blink要素を抽出し、blink要素を用いないように指示する機能を有すること。
7.2.4.1 ブロックスキップ frame要素にtitle属性が存在しない場合を抽出し、title属性を追加してフレームの目的を記述するように指示する機能を有すること。
7.2.4.2 ページタイトル title要素が存在しないか、title要素の中身が空、または、空白文字だけの場合を抽出し、コンテンツの内容がわかるページタイトルを記述するように指示する機能を有すること。
7.2.4.4 文脈におけるリンクの目的 href属性値を持つa要素内のテキストコンテンツが空、または、空白文字だけの場合を抽出し、リンク先の内容がわかる説明を記述するように指示する機能を有すること。なお、「テキストコンテンツ」は、a要素に含まれるテキストノード値とimg要素のalt属性値を含む。
area要素のalt属性が存在しないか、値が空の場合、または、空白文字だけの場合を抽出して、コンテンツの内容がわかる説明を記述するように指示する機能を有すること。
7.3.1.1 ページの言語 HTML文書のhtml要素にlang属性が存在しない場合を抽出し、lang属性値に言語コードを記述するように指示する機能を有すること。
XHTML文書のhtml要素にxml:lang属性が存在しない場合を抽出し、xml:lang属性値に言語コードを記述するように指示する機能を有すること。
HTML文書のhtml要素にlang属性が存在する場合を抽出し、lang属性値の言語コードは正しいか確認するよう指示する機能を有すること。
XHTML文書のhtml要素にxml:lang属性が存在する場合を抽出し、xml:lang属性値の言語コードは正しいか確認するよう指示する機能を有すること。
7.3.2.2 ユーザインタフェース・コンポーネントによる状況の変化 form要素でその子孫要素に以下の送信ボタンがない場合を抽出し、確認を促す機能を有すること。
送信ボタン
  • input要素でtype属性が"submit"
  • input要素でtype属性が"image"
  • button要素でtype属性が"submit"
7.4.1.1 構文解析 DOCTYPE宣言がない場合、DOCTYPE宣言を使用してDTDを指定する必要があることを指示する機能を有すること。
ページ内のaccesskey属性の値が重複している場合を抽出し、accesskey属性の値が重複しないように指示する機能を有すること。
ページ内のid属性の値が重複している場合を抽出し、id属性の値が重複しないように指示する機能を有すること。

作成者:ウェブアクセシビリティ基盤委員会