WCAG 2.0 達成方法集

Skip to Content (Press Enter)

-

H57: html 要素の lang 属性を使用する

達成方法に関する重要な情報

これらの達成方法(参考)の使用法及び、それらがWCAG 2.0 達成基準(規定)とどのように関係するかに関する重要な情報については、WCAG 達成基準の達成方法を理解するを参照のこと。適用(対象)セクションは、その達成方法の範囲について説明しており、特定の技術に関する達成方法があるからといって、WCAG 2.0 を満たすコンテンツを作成する際に、常にその技術が使用可能であるわけではない。

適用(対象)

HTML 及び XHTML

これは、次の達成基準に関連する達成方法である:

ユーザエージェント及び支援技術によるサポート

H57 に関するユーザエージェントサポートノート (英語)を参照のこと。

解説

この達成方法の目的は、html要素にlang属性及び(又は)xml:lang属性を指定することで、文書の初期設定言語を特定することである。

次のようなさまざまな理由から、文書の言語を特定することが重要である:

HTML 4.01では、html要素にlang属性を指定する。一方、XHTMLをtext/htmlとして配信する場合には、XHTML仕様の要求に合致しつつ、HTMLとの後方互換性を確保するために、html要素にlang属性とxml:lang属性を指定する。XHTMLをapplication/xhtml+xmlとして配信する場合には、html要素のxml:lang属性のみを指定する。lang属性とxml:lang属性の双方には、同じ値のみが指定できる。

注記 1: HTMLはlang属性の利用のみを指示しているが、XHTML 1.0は(経過措置として)両方の属性を認めており、XHTML 1.1はxml:lang属性のみを認めている。

注記 2: lang属性とxml:lang属性で指定できる値については、下記の参考リソースで示されている。言語タグでは、その言語を示すために主言語コードを用い、(ハイフン区切りで示す)任意の副言語コードは言語の異体を示すのに用いる。たとえば、英語は主言語コードでは「en」で示すが、イギリス英語とアメリカ英語は「en-GB」と「en-US」という形で区別できる。この達成方法では、主言語コードの利用が重要である。副言語コードの利用は任意であるが、ある状況では役に立つかもしれない。

事例

事例 1

この事例では、HTML文書の内容がフランス語であることを明確にしている。

コード例:

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
<html lang="fr"> 
<head>
  <title>document écrit en français</title>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
</head>  
<body>     
	...document écrit en français...   
</body>
</html>

事例 2

この事例では、text/htmlというコンテンツタイプのXHTML 1.0文書の内容がフランス語であることを明確にしている。XHTML仕様の要求に合致しつつ、HTMLとの後方互換性を確保するために、lang属性とxml:lang属性の両方を指定している。

コード例:

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" 
  "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="fr" xml:lang="fr">
<head>
  <title>document écrit en français</title>
  <meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=utf-8" />
</head>
<body> 
...document écrit en français...      
</body>
</html>

事例 3

この事例では、application/xhtml+xmlというコンテンツタイプのXHTML 1.1文書の内容がフランス語であることを明確にしている。xml:lang属性のみを指定している。

コード例:

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" 
   "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="fr">
<head>
  <title>document écrit en français</title>
	<meta http-equiv="content-type" content="application/xhtml+xml; charset=utf-8" />
</head>
<body> 
	...document écrit en français... 
</body>
</html>

参考リソース

この参考リソースは、あくまでも情報提供のみが目的であり、推薦などを意味するものではない。

検証

チェックポイント

  1. 文書にhtml要素がある。

  2. html要素にlang属性及び(又は)xml:lang属性が指定してある。

  3. lang属性及び(又は)xml:lang属性の値がBCP 47: Tags for the Identification of Languages又は後継仕様に準拠しており、そのウェブページの主言語を反映している。

判定基準

この達成方法が「十分な達成方法」の一つである場合、このチェックポイントや判定基準を満たしていなければ、それはこの達成方法が正しく用いられていないことを意味するが、必ずしも達成基準を満たしていないことにはならない。場合によっては、別の達成方法によってその達成基準が満たされていることもありうる。