ウェブアクセシビリティ基盤委員会 > 活動内容

活動内容

2010年度

ウェブアクセシビリティ基盤委員会とWGの新体制が、2010年8月4日の情報通信アクセス協議会第1回総会で承認されました。
2010年8月20日のJIS X 8341-3:2010公示に合わせて下記資料を作成し公開しました。

今後、下記資料も公開する予定です。

  • アクセシビリティ・サポーテッド情報
  • (等級AA、AAAの)Techniques for WCAG 2.0日本語訳
  • (等級AAAの)アクセシビリティ・サポーテッド検証用テストファイルと検証結果
  • テストファイルの追加(PDF、Flash、Silverlightなど)
  • 評価ツール用テストファイル
  • 評価ツールの最低要求事項

2009年度

2009年度の活動成果として、下記2つの資料を公開しました。これらの資料は、(財)日本規格協会・情報技術標準化研究センター(INSTAC)「情報アクセシビリティ国際標準化に関する調査研究開発委員会・ウェブアクセシビリティ国際規格調査研究部会」が、2009年1月に行われたJIS X 8341-3改正原案の公開レビューのため、W3Cが公開しているWCAG 2.0とUnderstanding WCAG 2.0の和訳を作成してINSTACのウェブサイトで公開したものが元になっています。INSTACは2009年度で活動を終了しましたので、今後は、本委員会で作成し直したこちらの和訳をお使いください。なお、内容の改善などのため、予告なく下記文書を差し替えることもありますのでご了承ください。